【狩人祭】入魂祭が終わり(集計祭)そして褒賞祭へ



狩人祭お疲れ様です。シクレを精一杯回したかと思います。
私は大体土日でシクレを変に頑張りすぎて週明けがこんな感じになっています。


mhf_20170515_011803_359.jpg
こんな感じです(ヒュジキキ辿異種にやられただけです)。


入魂祭も終わり次は集計祭、という名の定期メンテナンスが始まります。

メンテナンスが終わりましたら、いよいよ褒賞祭で待ちに待った褒賞が受け取れるようになります。

ここで一つ注意事項があります。

mhf_20170517_212134_951.jpg


ハンターライフコースは登録しておきましょう。

これを登録しないことにはせっかくの褒賞を受け取ることが出来ません。

登録することで褒賞が得られるようになりまして、祭典の証、祭典の熱気という
勝ち組クエストや祭防具で必要になる素材が入手することが出来ます。

mhf_20170517_212236_807.jpg
mhf_20170517_212236_807.jpg

祭典の証・熱気は猟団毎の総入魂数によって順位付けられ
それに応じた枚数を得ることが出来ます。

「褒賞品を受け取る」⇒「今回の褒賞」となりますと入魂数によって応じられる
祭ポイント、天廊遠征録や極限征伐戦で必要になってきます絆ポイント、
祭典の証・熱気、専用の防具が得られます。

mhf_20170517_212410_700.png

SSの補足(猟団の情報が入りますので一部伏せてあります)。:
祭ポイント→猟団の総入魂数に対して、入魂した団員に与えられるポイント
この祭ポイントは猟団対抗韋駄天杯の結果も影響されたりします。

計算式:(猟団の総入魂数+猟団対抗韋駄天杯の結果)÷入魂した猟団の団員数

他に狩人祭の結果や個人の入魂数、猟団長なのか、に応じて増減されますが、

基本は平均化し、それを各団員に再分配されるという形になります。

入魂数個人目標達成結果→入魂祭中、各個人の入魂数に応じて祭ポイントに倍率がかかります。
絆ポイント→定期イベントで有利に進めることが出来るポイント
計算式:
個人の入魂数≧猟団の総入魂数×10%→個人の入魂数+猟団の総入魂数×10%
個人の入魂数<猟団の総入魂数×10%→個人の入魂数×2
下の方が絆ポイントを多く受け取ることが出来るケースもあったりします(´・ω・`)

さて、この絆ポイントは天廊遠征録や、極限征伐戦や大討伐で使えるようになっています。

バラバラのように見えて実は繋がってるのです。
好き嫌いはあるかもしれませんが、定期開催イベントややっておくとお得でしょう。
秘儀の強化も出来ますし。

買った方には祭のあとに【勝ち猫】なる防具を得ることが出来ます。

見た目は
mhf_20170517_212707_679.jpg

頭が重いです。負けた側にも防具を得ることが出来ます。
見た目については次回以降の狩人祭で負けたら撮影します。

祭典の思い出や祭典の熱気はこの時にもらえます。
これらのアイテムは勝ち猫クエストや武具の生産、強化にも使います。

数に限りのある方へ:ご利用は計画的に


その勝ち猫クエストでございますが、、、


mhf_20170518_231045_563.jpg

ここでもハンターライフコースは必要です。ちゃんと貢いで登録しておきましょう。

mhf_20170518_231123_307.jpg

とりあえずキリンのクエストに行ってきます。
この時に超激運のお守りや大激運のお守り等々を持っていくと
獲得数が2倍になったりします。

mhf_20170518_235423_991.jpg

一例です。一つでも多くの祭防具を作って装飾品に精錬したいという事でしたら
積極的に持って行くことをお勧めします。他にも辿異武器が生産できるクエストも配信されています。
これらのクエストは一週間限定ですので行けるときに行くといざ必要になった時に

( ゚д゚)(行ってないから)祭防具が作れない・・・

なんてことは避けられると思います。

表面的な部分を紹介していきましたが、狩人祭は後々
お得になるような要素がありますので、積極的に入魂して
楽しいハンター業を(2%素材に悶えることも少なくなったりしますし)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック