2012年06月02日

【MHF】雑記〜グレンゼブル〜

※あくまでこうではないかという推測です。

Wikipediaさんに元ネタらしきな怪物がりましたので紹介します。

北欧の叙事詩、『ベオウルフ』に登場する巨人の怪物「グレンデル」から来ているのではないかと思います。
"(ドラゴンもしくは水妖とも)"とも書かれておりました。グレンゼブルが水ブレスを吐くのはこのグレンデルが水妖というのを受けているのではないかと思います。他のファンタジーを扱っているゲームでは水属性でしたり水を扱うような設定として出ております。

で、ニコニコ大百科に面白いのがありましたので追加で調べました。(またWikipedia)

ゼブルにはバアル・ゼブルという「気高き主」「高き館の主」という意味で、嵐と慈雨の神バアルの尊称の一つだったと。もしかすると怒ると雷雨になるのはこれから来てるのかもしれません。

グレンは防具の形から見るに「愚連」だと思います。
愚連の館はおかしい気がするので気高き不良?すんごい不良だねぇ。

posted by 理沙 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 【MHF】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273211442
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック